【小根おろしの弔い合戦 結果】

競馬体験

2019年11月24日(日)第39回 ジャパンカップ(G1)


ボロボロに敗戦。

・・・勝てるはずだった。
完璧な作戦『トラトラトラノグチ』だったのに、何故敗れたのか?

そもそも当たる確率はどのくらいあったのだろうか。

公文に通っていたわたしは、すぐに公文式で計算を始めた。

15頭立てだから、当たる確率はー。
15×14×13だから2730通り

そして1点買いだから。


・・・

「0.036%」

「0.036%!?」

0.036%!!!」





『なんじゃこりゃぁあー!』


コネおろしの野郎、騙しやがった!

【0.036%というのは】
■海物語の「ノーマルリーチ」よりも当たらない。
■よっちゃんいかの「アタリ」よりも当たらない。
■お天気お姉さんの「適当な天気予報」よりも当たらない。
■ポケモンの「きあいだま」よりも当たらない。
■2018年サッカーW杯の「占いタコのラビオ君」よりも当たらない。
*ちなみにラビオ君は、最終的に市場に出荷されたそうです。サッカーよりも自分の未来を占っておくべきでしたね(^^)/

 

野口ごめんな。
1点じゃ無理だわ。
わたし、こう見えても伝説のポケモンじゃないから、1点じゃ無理だわ。

それにしても強大で圧倒的な権力・パワー・財力を兼ね備え、絶対的王者として君臨するJRA。

わたしが某キャラクターであれば、
『おめースッゲェな!おらワクワクすんぞっ!』
と言っていただろう。


またいつか、小根おろしと共に、JRAに挑む時がくるだろう。
その時はまた戦闘シーンを皆さまにお届けしよう。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました