有馬記念

ブログ体験


有馬記念


それは涙なしでは語れない
『馬と親父さんの夢の競演』である。



親父さん達はこの日の為に、とち狂ったかのように金を用意し馬券を購入する。
毎日のお昼代を500円以内に抑え、なるべく飲み物を買わないようにして、しみったれた生活をしていた親父さんが〝有馬記念″には大金をぶっこむ!



なかには〝お祭りだから″と言ってる親父さんもいるが、大抵そういう親父さんは夏祭りには行っていない。


ここで有馬記念になると親父さん達がよく口にするセリフをご紹介しよう。

★有馬はお祭りだから

★一年に1度だからね

★今年最後の運試し

★買うことに意義あるんだよ

★当たったら回らない寿司屋だな

★一昨年の有馬記念当たったんだよ

★内枠買っておけば大丈夫

令和元年だから1番がくるよ

★外れたら年越せないなぁー

★最悪、大井の東京大賞典残ってるから



当たる気が全くしませんね。


そんな人生未勝利の親父さん達ですが、有馬記念では燃えたぎってレースを観戦します。
ゼッケン外したら「誰だこの馬?」となるのに、腹の底から声を出し、ガラガラ声になるまで叫び続けます。


もちろん応援するのは、自分がお金を賭けている馬。
前回は買っていなかったのに、今回自分が買っているからという理由だけで、血眼になって応援します。
ものすごく分かりやすくて素敵ですね!


馬は2500mの距離を一生懸命全力で走り、その姿を親父さん達が目を輝かせて、一心不乱に応援し、約2分30秒の時間を共にします。
まさに人馬一体!
ケンタウルスとは馬と親父さんが一体になった姿ではなかろうか。



そして、レース以上に盛り上がっているのが、競馬予想!
血統、ラップタイム、騎手、コース適正、上りタイム、ローテーション、馬体重、直近の実績etc
恐ろしいくらいの情報を調べ上げ、分析し仲間と談話している。


『ミスプロ系はスタミナ問題ないけど、高速馬場だと不安残るよね。母シーザリオか。血統だけなら文句なしだけど3歳は成長途上じゃない。61秒のペースで行かれると33秒台の脚を使っても届かないよ。ある程度前目の3列目までにはいてほしいよね。ただ今回キセキとアエロリットいるし60秒くらいで進むでしょ。でも結局は外人じゃねー?』


学会に発表しても恥ずかしくないくらいの見解を、立ち飲み日高屋で行っているのである。
さらにはぎっしりとチェックされた競馬新聞。
一度赤ペン先生に添削されたのかと思うくらい、真っ赤に染まっている。
有馬記念が始まるのが先か、この世の赤ペンが尽きるのが先か。こちらも見物である。



そんな有馬記念が今年(2019年)は12月22日(日)に開催される。
クリスマス前に開催されるのは残酷だなぁー!と思いふけるわたしでありました。


↓先に買っておくといいかも♪↓

コメント

  1. […] ↓参考にこちらも是非↓競馬場にいるおじ様について【めちゃくちゃ面白い記事】https://miyukki-queen.com/arima-kinen […]

タイトルとURLをコピーしました